ココロノウチヲツヅルンダ

永遠のJUMP初心者が心のうちを綴るブログです。

そし誰 最終回

終わっちゃいましたね。

 

なんとも、言葉にしにくい感情です。

 

 

 

 

そして、誰もいなくなった というタイトルの割りに

 

いなくなってないよね?なんて思ったりもしましたが

 

この作品の本当の主役って、日下君?って思いました 笑

 

新一君は、名前を取り戻して早苗ちゃんのところに戻れましたけど

 

新一君にとっての母の存在って、、、?

 

 

 

それで思ったのは、

 

彼、日下君にとっては

 

とっくの昔に、誰もいなかったのかもしれないな。

 

と思いました。

 

特に、母の存在は大きかったのではないかな。

 

幼い頃に消えた自分という存在。

 

会ってはいたけれど 

 

歪んだ愛情ゆえに、愛されてるのかさえわからなくて

 

一人じゃないのに、一人じゃない方が孤独を感じる

 

そんな感じがしました。

 

 

お母さんは亡くなってしまったのかな。

 

日下君しかり、その辺は若干曖昧になってるので

 

視聴者側の推測、希望によるところが大きいですが

 

仮に、お母さんが亡くなっているのなら

 

日下君もそれでいいと思います。ワタシは。

 

生きていて希望をみつけて生きていくっていうのも

 

あり、かもしれないけれど

 

母のいない世界は彼にとっては無意味なのかもしれないし。

 

 

 

と、ここまで書いて

 

どっぷり そし誰の世界にはまっていることに気付く!

 

いや、気がついてましたけど。 ナニカ。

 

 

あの人のこの先は?とか気になること沢山あって

 

続編きちゃう?ってなるけど

 

ワタシ的に、ない方がいい。

 

どこかで、日下君が生きていたとしても

 

それは、それでいい。

 

自分で、生きてくさきをみつけてくれると思うから。